分娩費用の目安(2022年4月1日~2023年3月31日)

正常分娩(出産育児一時金を利用した場合)

相部屋………………………¥150,000~
通常個室……………………¥185,000~
シャワー付き個室…………¥195,000~
特別室………………………¥210,000~

予定帝王切開(出産育児一時金を利用した場合)

相部屋………………………¥184,000~
通常個室……………………¥240,000~
シャワー付き個室…………¥256,000~
特別室………………………¥280,000~

分娩に関する制度

産科医療補償制度

産科医療補償制度
産科医療補償制度は、分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児に対する補償の機能と脳性麻痺の原因分析・再発防止の機能とを併せ持つ制度として創設されました。

〔目的1〕分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児およびその家族の経済的負担を速やかに補償します。
〔目的2〕脳性麻痺発症の原因分析を行い、将来の脳性麻痺の発症の防止に資する情報を提供します。
〔目的3〕これらにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ります。

詳しくは下記のサイトをご覧ください
産科医療補償制度(外部サイト)

 

出産育児一時金


健康保険法等に基づく給付として、まとまった支出となる出産費用として一定額が支払われるのが、「出産育児一時金」です。
健康保険に加入、または被扶養者になっていて、妊娠4カ月以上で出産した人は、子供1人につき42万円(1万2000円は産科医療補償制度の保険料)が受け取れます。
ただし、在胎週数が22週未満で「産科医療補償制度」の加算の対象にならない出産の場合は40.8万円になります。

当院は「直接支払制度」の取扱医療機関です。
直接支払制度は保険者(健康保険)と医療機関等(クリニック)とのあいだで出産育児一時金等の支給申請及び受取に係る代理契約を締結することにより、医療機関(クリニック)が患者さんに代わって保険者(健康保険)に出産育児一時金等の支給申請を行い、患者さんの窓口での出産費用の経済的負担軽減を図る制度です。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
厚生労働省(外部サイト)

不明な場合は総合受付へお問い合わせください。

PAGE TOP