産科婦人科助産科小児科予防接種

予防接種

診療時間(▲は11:00までの受付)

完全予約制 日祝
9:00~11:00
15:00~17:00

●【午前】は小児科診療と混合、【午後】は予防接種のみです。
●60日前から接種前日までオンライン予約が可能です。
●体調がよくない方は接種を控えてください
●母子手帳、予診票(定期接種の場合)、診察券をお持ちください。

小児予防接種

私たちは、日常的にさまざまな細菌やウイルスと共存しており、それぞれに対する抵抗力がないと感染症にかかってしまいます。予防接種とは、ワクチンを接種して免疫をつくることにより、感染症の発病を予防したり症状を軽くしたりする方法です。
ワクチンで予防できる感染症は早期予防が重要となるため、接種時期がきたら、早めに予防接種を受けて免疫をつくることをお勧めします。

当院で接種可能なワクチン

・ヒブ(Hibワクチン;インフルエンザ菌b型)ワクチン
・小児用肺炎球菌ワクチン
・B型肝炎ワクチン(HBワクチン)
・ロタウイルスワクチン
・四種混合ワクチン(DPT-IPV)
・二種混合ワクチン(DT)
・不活化ポリオワクチン
・麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)
・おたふくかぜワクチン
・水痘ワクチン(みずぼうそう)
・日本脳炎ワクチン
・インフルエンザワクチン

予防接種のスケジュールについて

スケジュールを立てる際のポイント
① 接種できる月齢や年齢になったら、すぐに受ける
② 流行している疾患や、重症になりやすい疾患の予防接種を優先する
③ 効率的な受け方を考え、同時接種する
④ 生ワクチンは4週間、不活化ワクチンは1週間以上間隔をあける
⑤ 個々のワクチンに定められた接種間隔をあける
⑥ わからないことがあれば、早めに医師に相談する
特に出生後は、なるべく早く免疫をつけることが大切です。
生後2か月になったら、すぐにワクチンデビューしましょう。

当院でご出産された方へは、生後2か月からスタートするお子様の予防接種スケジュールについて薬剤科より説明しています。
【長期にわたる療養を必要とする疾病にかかった方の定期接種の機会の確保について】
特別の事情(免疫不全状態におかれる疾患等)のため、接種対象年齢であった間にやむを得ず定期予防接種を受けることができなかった方については、その特別な事情がなくなった日から2年までは定期接種期間の延長が認められる場合があります。
該当する方は、住民票所在地の保健センターにご相談下さい。
所沢市の問い合わせ先:所沢市保健センター健康管理課(Tel 04-2991-1811)

予防接種スケジュール相談外来

他院でご出産された方でお子様の予防接種スケジュール説明をご希望される場合は、「予防接種相談外来」にてご相談に応じます。
お子様が生後1か月の時期に「予防接種相談外来(薬剤科)」へご相談いただくと、生後2か月から開始する予防接種のスケジュールをご案内できます。
産後は、お早めにお電話にてご予約ください。
約30分500円~

PAGE TOP